2018年9月22日土曜日

QUASI 2018 Collection 6.


QUASIから2018シーズンの6th Deliveryが到着いたしました。



スケートブランドやストリートブランドにおいて、
Tシャツというのは、グラフィックを表現する一番のキャンバス。

もちろんスケートするときに真冬でもTシャツで滑ったりと、
季節を問わない必需品としても、各スケート・ストリートブランドからは、
秋冬コレクションでもTシャツのリリースがあるのです。


そういった意味で、1年中TシャツはGetするというのが、ストリートマナー。

グラフィックがカッコ良ければ、即Getしておいてください。






 
 
 
ボックス型のロゴデザインと、グラデーションカラーがブランドのイメージを一層高める、
この時期ですが、惹かれるデザイン。
 
 


 

ボディカラーと絶妙なグラフィックカラーが間違いナシ。
インナーとしてジャケット、シャツ、ヘビーアウターの下に着ても存在感あるデザインです。

QUASI好きは、マストで。








QUASIらしい表現が興味をそそられるグラフィック。
こちらもインナーに着ても存在感バッチリ。




"QUASI ONLINE COMMUNITY COLLEGE"と書かれた中心には、
パソコンの画面を社会との窓と捉え、風景が広がる意味深なデザイン。

社会的な風潮を表現していることには間違いないと思うんですが、
それが良い意味なのか悪い意味なのか、すごく面白いグラフィックです。


そのグラフィックの意味合い、イラスト・言葉・色など、
いろんな表現がTシャツには詰まっていて面白いです。








 
 
QUASIのアウトラインロゴを刺繍で施した6パネルスナップバックキャップ。
 


 
 
生地は、タスラン加工という特殊な加工を施し、
マットな質感が特徴的なナイロン生地を使用。
 
少し荒目な生地感で、アウトラインの刺繍ロゴが、より立体的に映えたルックス。
 
 
 
そして、フォームバイザーという
柔らかいツバを採用し、
ツバの形が自由自在に変えられます。
 


 
形も抜群。
 
キャップの定番的なブラックをあえてラインナップしていないQUASIらしい
今期の大本命なロゴキャップです。
 
 
 
 
そして、もちろんスケートデッキも要チェック。
 
 

 
 
フルーツのグラフィックが、特徴的なデッキ。
 
海外のスケートビデオを見ていると、
スケートの合間に、果物やスムージーなんかを食べたり飲んだりしているシーンがあったり。
 
水分補給や栄養を摂るのにフルーツをかかせないって意味ですかね。
彼らのスタイルが表れていて、すごく面白い。
 
 

 
 QUASIのデッキは、PS STIXのプレスです。
ノーズとテールがやや丸みを帯びていて、キックはやや強め。
コンケーブは、平均的なコンケーブです。
 
弾きは軽く、コントロールしやすいシェイプで、すごく乗りやすいです。
 
うちでは、QUASIのデッキが一番売れているので、
まだ乗ったことのないって人は、一度試してみて下さい。
ハマるとこれしか乗れなくなるかもしれません。w
 
 
ライダーも本当ヤバいので、"MOTHER"を見ていない人は、マストでチェックしてください。
 
 
 
 


 


2018年9月18日火曜日

DAY LIQUOR STORE NEW ARRIVAL


DAY LIQUOR STOREから、新作のTeeが到着いたしました。



今回もアウトよりの、もろアウトなデザインになっています。
横浜の人は反応せざるを得ないでしょう。


 

 
 
 
 
その名も"SHIUMAI"Tee.
 

はっきりと元ネタの説明はできないぐらいの横浜の超有名ローカルフードを大胆サンプリング。


 
 
 
 
 
 
横濱の名物弁当のパッケージを忠実にサンプリングした愛の溢れるデザイン。


漢字・カタカナ・ひらがなを使ったクラシカルなデザイン。
そして、DAY LIQUOR STOREだからこそやってくれた、横浜市民としては感謝状級の逸品です。



様々な場所で、突拍子もないアイデアを投げ込み、
迷惑を掛けまくっているであろう彼ら3人の活動ですが、
 



(BIN Tokyoさんブログより拝借)
 
思ったよりウケているようで、ひと安心。w
 
 
 
最近大人になってしまったのか、酒でのおもしろい話を全く聞きませんが、
ATM,Dee,YutoAizawa©からなる"DAY LIQUOR STORE"の生活からインスパイアされ、産み出されるアイデアは、他を探してもどこにもない唯一無二なブランドです。
 
 
 
引き続き刮目していきましょう~。
 
 
 
 
 
 


2018年9月15日土曜日

Dime Beanie.


これからの時期に欠かせないビーニーキャップ。

夏場はどうしても暑いんで、敬遠していた方も、そろそろ解禁してもいい頃。
ここ最近の流れだとヘッドウェアでは一番の人気です。



ワントーンのシンプルな物から、デザインの入った物まで、
コーディネイトのアクセントには不可欠だと思うので、何パターンか用意しておきましょう。



 
 
チャコールグレーカラーに、オレンジ・ホワイト・オリーブの3色のラインが入った好配色なビーニーキャップ。
フロントには、Dimeの小文字のロゴ刺繍がワンポイントで入っています。
 
 
 
 
やや大きめな編み目と、ヘビーウェイトなアクリル素材が、ボリューム感のある仕上がり。
 
ビーニーの生地の厚さやボリューム感は、印象を大きく変える大切なポイント。
 
 

Lookでも使われていましたが、
適度なボリューム感と3カラーのラインが、印象をガラッと変えてくれるアイテム。
シンプルなカラートーンのアイテムなどと合わせるだけで、コーディネイトが引き締まると思います。
 
 
また、高品質に定評のある"Made in Canada"というところもポイント。
型崩れしにくい素材と信頼のカナダ工場の作りを楽しんでください。
 

 
 
 

 
 
 
 
 
 
 

こちらは、ウール50%とアクリル50%の混合生地を使用したワントーンのシンプルなビーニー。




ピスネームのみのデザインと、きめ細かい編みが高級感ある仕上がりになっています。

ウール素材の特徴である保温性、吸湿性、復元性に優れた素材と柔らかな肌触りが、
被り心地最高な逸品です。


もちろんこちらも信頼の"Made in Canada".

ビーニーひとつでも、高品質をキープするDimeのこだわりのアイテムです。




夏とはまた違った秋物のアイテムは、何通りも楽しみがあって面白いです。


是非チェックしてみて下さい。







それと、
Dimeといえば、毎年恒例のこちらも楽しみです。








Dimeさん(@dimemtl)がシェアした投稿 -

2018年9月14日金曜日

NYLON JACKET.


軽量で、小さく畳め、秋から春までほぼ通年で使える利便性。
デザイン、カラー、形が豊富なナイロンジャケット。

みなさんもおそらく1着は持っているかなと思います。

今期は、当店で取り扱うブランドからも様々なナイロンジャケットがリリース。



これからの秋冬シーズンは、重宝してくれるアイテムのひとつです。




 
 
今期2018FALLより、取り扱いをスタートした"GRAND COLLECTION"からは、
3色のマルチカラーのナイロンジャケットがリリース。
3色の切替しのカラーセンスが魅力的なジャケット。
 
ルックスはもちろんですが、
このジャケットの素材感や着心地にも注目して欲しいです。


写真だと伝わりづらいと思いますが、
ややマットな光沢の少ないナイロン素材を使用し、表面は柔らかく着心地のすごく良い素材感。


その素材感を強いて言うなら、動いていて表面が擦れてもシャカシャカ鳴らない感じ。
とにかく着てもられば分かると思います。


ストレスなく、しっとりと体に馴染んでくれます。

 
 
シルエットもやや身幅広めで、ゆったり着れる最高のシルエットです。

これぞ"GRAND COLLECTION"といった、こだわりが伝わってくるジャケットになっています。





 
 
 
こちらは、QUASIからリリースされているロゴデザインが印象的なジャケット。
 
 
 
 
ジャケットの切替しが縦に入る珍しいパターンのジャケットで、
その切替し部分に、ロゴを縦に、しかも半分にカットし落とし込む。
 
QUASIのアブストラクトな部分が最前面に出た唯一無二なアイテム。
 

 
裾丈にはドローコードはあえて付けず、縦に長いシルエットが特徴的。
サイズアップしてコートっぽい感覚で着てもカッコいい雰囲気のあるジャケットになっています。
 





 
こちらも縦に配置したロゴデザインが特徴的なQUASIのナイロンジャケット。
 

発色の良いブルーと襟のホワイトがスポーティーなルックス。
薄手のナイロンが軽い着心地で、ちょうど今時期からの肌寒く感じる時期にベストなジャケットです。




 
襟の中には、フードが内蔵され、
スタイルのアクセントとして、フードを被ったり、あえて出して着用するのも良いかと思います。
 
 
 
 
 
 
上記のご紹介した3種類のナイロンジャケットは、どれも今時期からすごく重宝するアイテム。
軽量かつ、小さく畳めて、バッグに入る便利さや、気温に応じて、秋から春まで着れる対応力。
 
 
スポーティーなルックスで、
特に、デザイン性豊かなスケートブランド物は、他のブランドにはないスタイルのアクセントになると思います。